黄金の茶室でお・も・て・な・し

豊臣秀吉

天井や壁全て金!黄金の茶室の金買取を考える

豊臣秀吉のイメージというとどのようなものが頭に浮かぶでしょうか。多くの人が、贅を尽くした豪華絢爛な大阪城を第一に思い浮かべると思います。 1583年、天正11年に豊臣秀吉は石山本願寺跡に、大阪城の普請を開始しました。空にそびえる大天守、織田信長が立派な安土城を作ったことを前歴に、秀吉はその上を行く城を作ることを目指したようです。 大阪城の大天守は外観が5層、飾り瓦や黄金をふんだんに用い、それは立派なものを作ったのです。そしてそれと併せて金、銀の装飾にあふれた奥御殿は目を見張るものでした。 大阪城の中にも茶室が作られていましたが、豊臣秀吉はいたる所に黄金の茶室を作らせました。茶室は運搬が可能な組み立て式の茶室で、その壁、天井、柱、障子の腰いたる所を金で作ったのです。金買取に換算するとすごい額となります。

それは言わずもがな豪華絢爛なおもてなし、黄金に輝く茶室は訪れる人を驚かせたようです。 天井がすべて金とは、この頃の時代、まさに豊臣秀吉しか思い浮かばないアイデアなのではないでしょうか。今の時代で金買取を行うことは考えに入ってはいないと思いますが、この時代でも斬新な考えだったのでしょう。 豊臣秀吉、茶室と言って忘れてはいけないのが千利休の存在です。二人の出会いは、千利休が織田信長の茶頭を務めた頃から、始まります。そして信長の死とともに、秀吉と利休との関係は実に直接的なものへと変化を成していきました。ですがこの頃から利休の好みは徐々に侘びたものへと変わっていくのです。 まったく意に反したようにみえる黄金の茶室ですが、ちゃんとそこには意味があります。金買取にも大きく関係するこの問題、ただの成金趣味と片づけるのは早計です。もちろん、金を卑しむ思想はこの時代にはなかったと思われます。

逆に、黄金は銭金の観念をはるかに超えた、崇拝に近かったと考えられ、そして日本の各地で鉱山の採掘が進んだこともあり全てが合わさりこの黄金の茶室でのもてなしに繋がったと考えられます。 そして、金買取として考えれば黄金の茶室も大広間で作ればよかったものの、あえてわずか3畳の小さな座敷を作ったという点、これは煌びやかな黄金と、小さな茶室(侘びたもの)の対象美を作り出していると考えても良いのではないでしょうか。 この金買取の歴史を感じる、おもてなしの黄金の茶室は復元されており、各所で展示などされていますので、一見の価値はあります。

ゴールドのロレックスをロレックス買取で売ってみませんか

更新情報

2015/06/16
ブランド買取店ではキャンセルも可能の無料査定を行っています

2015/03/12
天井や壁全て金!黄金の茶室の金買取を考える

2015/03/12
金買取と全国に5箇所展示されている黄金の茶室

2015/03/12
金買取と三重に重ねた金箔を職人の技によって再演した黄金の茶室

2015/03/12
金買取で金人気。黄金の茶室7日間茶道具一式いくら?

2015/03/12
金買取と組み立て式で移動が可能な黄金の茶室

2015/03/12
金買取と関西国際空港に再現された黄金の茶室

2015/03/12
天井や壁全て金!黄金の茶室の金買取を考える

2015/03/12
金買取と全国に5箇所展示されている黄金の茶室

2015/03/12
金買取と三重に重ねた金箔を職人の技によって再演した黄金の茶室

Copyright(C)2014 黄金の茶室でお・も・て・な・し All Rights Reserved.